WEBマーケティング・古き良き時代は過ぎた

今日はminglyの集客面でのヒントを得るため、WEBマーケッターの方にお話を伺いました。

WEBマーケティング・立ち上げの「今」について、リアルな数字なども教示いただき、大いに参考になりました。

しかし、正直なところ、うなだれてしまいました

インターネットの黎明期・発展期であれば、楽しそうなサイト・役に立ちそうなサイトをリリースすれば勝手にユーザが集まって来ることが充分に期待できましたが、今はまったく違います。

草の根的に広がっている…と見えても裏では莫大なプロモーション費用が投入されているのは間違いありません。

個人で作ってみたサイトが膨大なアクセスを呼びメジャーサイトになるというのは、ごく一部の人気ブログ以外ほとんど考えられません。(逆に言えばブログには僅かながら可能性があります)

まずオーガニック(検索)の流入を増やしたければ、Googleが目指しているインターネット観に沿ったコンテンツを、「大量に」用意する必要があります。

Googleのインターネット観とは、インターネットを巨大な知識データベースとみなし、要するに「調べれば答えが何でも出てくる」自由な情報の網を築くことだと考えています。

なので、現在ではオウンドメディアなどの「お役立ち」系のコンテンツがヒットしやすいし、また充分な文字数を持ったものが上位に来ているようです。(この事はGoogle側としては否定していますが、実際はこの通りなので仕方がないです)

minglyでは、有益なコンテンツはMTGの中にあるという発想なので、オウンドメディアを併設するという戦略は今の所ありません。

しかし「GoogleNet」の中に住まわせてもらい、そこから参加者を募るという形態を取る以上、Googleの方針に寄り添い、「呼び水」としての地道なコンテンツを揃えるフェーズも不可欠に思えてきました。

とは言え、集客の呼び水となるようなまともなメディアを構築するとなると、物量作戦でサイトの構築費用をはるかに上回るコストがかかることが分かり、そこで思わず目が回ってしまったわけです。

元々の動機が「みんなで気軽に楽しめるサイトになれば良い」という往年の草の根サイトのような所が出発点なので、初っ端から大々的に、戦略的にPRすることには違和感を感じます。

検索結果の中に「広告枠」でリンクを貼ったり、クッキーを使って後から追いかけるような「リマーケティング広告」を大量に出稿したり、というのをプロは企むのですが、たかだか無料のお楽しみサイトにそんなものはそぐわないし、ペイするはずもないわけです。

ところがサイトを公開してからのアクセス状況を見ていると、受け身の考えは今はまったく通用しないということが分かり、発想をピボットして行く必要を感じております。

具体的にどう転換して行くかは、徐々にサイトに現れて来ますのでお楽しみに!

SNSでもご購読できます。